三菱化学とパイオニア,有機EL照明の業務提携を解消


三菱化学とパイオニアは1月31日,有機EL照明事業における業務提携を解消したと発表した(ニュースリリース)。

三菱化学とパイオニアは,有機EL照明パネルの共同開発において,塗布型パネルの量産出荷という一定の成果に達したことを踏まえ,業務提携を発展的に解消する。今後両社は,有機EL事業においてそれぞれの強みを活かせる分野に注力し,ビジネスを拡大していく。

なお,両社は有機EL照明パネル販売を行なう共同事業会社として,2013年にMCパイオニアOLEDライティング株式会社(出資比率50%:50%)を設立しているが,同社に関して決定した事項は今のところ無いとしている。

その他関連ニュース

  • クラリベイト,有機ELデバイスで2人の受賞を発表 2024年05月22日
  • 茨城大ら,円偏光を発光するキラルな亜鉛錯体を開発 2024年05月17日
  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日
  • コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売 2024年03月19日
  • シャープとパイオニア,光ディスク事業の合弁を解消 2024年03月19日
  • カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈 2024年02月08日
  • 名大ら,有機EL材料の発光効率の増幅機構を発見 2024年02月01日