三菱化学とパイオニア,有機EL照明の業務提携を解消


三菱化学とパイオニアは1月31日,有機EL照明事業における業務提携を解消したと発表した(ニュースリリース)。

三菱化学とパイオニアは,有機EL照明パネルの共同開発において,塗布型パネルの量産出荷という一定の成果に達したことを踏まえ,業務提携を発展的に解消する。今後両社は,有機EL事業においてそれぞれの強みを活かせる分野に注力し,ビジネスを拡大していく。

なお,両社は有機EL照明パネル販売を行なう共同事業会社として,2013年にMCパイオニアOLEDライティング株式会社(出資比率50%:50%)を設立しているが,同社に関して決定した事項は今のところ無いとしている。

その他関連ニュース

  • 近大ら,円偏光を発生するOLEDを開発 2022年01月17日
  • 分子研ら,世界最小電圧で発光する有機ELを開発 2022年01月07日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 岩手大ら,有機EL試料内部の電位分布を直接観察 2021年07月29日
  • 茨大ら,高効率・狭帯域青色有機EL用発光体を開発 2021年07月21日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 筑波大ら,次世代OLED材料の電子の動きを直接観察 2021年06月25日
  • 三菱ケミら,有機EL材料の励起状態を量子計算 2021年05月26日