フジクラ,エネルギーハーベスティング用色素増感太陽電池を開発

フジクラは,エネルギーハーベスティングの用途に最適となる色素増感太陽電池を開発したと発表した(ニュースリリース)。

世界中で開発が進んでいるIoTの分野では,今後様々な場所で多くのセンシングシステムが使用されるようになると予想されているが,AC電源の設置工事やバッテリー交換の手間が不要で,廃棄物が出ず環境に優しいエネルギーハーベスティング(環境発電)がそれら多くのセンサー機器を駆動する有力な方法として期待されている。

同社は,エネルギーハーベスティングデバイスとして直射日光が得られない照度環境下でも優れた発電特性を発揮する色素増感太陽電池を昨年より販売開始しているが,センサー機器の小型化が進むにつれて,太陽電池も小型薄型化が課題となっていた。

同社は今回,信頼性を損なわずに素子の封止構造を簡素化することに成功し,従来製品と比べて発電有効面積が約1.2倍,厚さが約半分となる2.5mm厚のモジュールを開発した。

同社は今後,普及が加速していくと予想されるIoTセンサー機器の完全バッテリーレス化や,これを用いたZEB(ネットゼロエネルギービル)の実現といった,環境対策向け製品として色素増感太陽電池を拡販していくとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,赤外光で発電する透明な太陽電池を開発 2024年05月23日
  • カネカと大成建設,太陽電池モジュール販売会社設立 2024年04月17日
  • 宮崎大とソーラーフロンティア,太陽電池で共同研究 2024年04月16日
  • 積水化学ら,ペロブスカイト太陽電池の設置実証実験 2024年03月28日
  • AGC,太陽光パネルカバーガラスの実証試験に成功 2024年03月26日
  • 東工大,高性能シリコン太陽電池製造手法を安全化 2024年03月14日
  • 日本学士院,日本学士院賞授賞を光研究2件に授与 2024年03月13日
  • OIST,太陽光発電の変動性評価における新手法を開発 2024年03月13日