三菱重工工作機械,新コンセプト3D金属造形システムを開発

三菱重工工作機械は,新たなコンセプトの三次元(3D)金属造形システム「⊿WORKS concept(デルタ・ワークス・コンセプト)」を開発した(ニュースリリース)。

同社はオープンイノベーションの取り組みを加速しており,慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボとの共同研究によりデルタフレーム構造とその制御技術について開発を進めてきたもの。

プロトタイプモデルを,11月17日(木)に東京・有明の東京ビッグサイトで開幕する「JIMTOF2016 第28回日本国際工作機械見本市」に出品し,デジタルファブリケーションをはじめ幅広い用途への適用の可能性を探っていく。

このプロトタイプモデルは,幅約2m,高さ約2.3mの三角柱状の基本構造を有し,3ヵ所の柱を上下するアクチュエーターで支持されているレーザーヘッドが三次元に動くことで加工を行なう。レーザーヘッドを他の機器と交換すれば,造形のほか溶接や加工といった種々の用途に適用することもできる。

また,ベッドやコラムといった重量構造物がなく,軽量,コンパクトな構成なため,可搬性が高く,一般事務所や仮設現場などの多様な使用環境に対応できるという。

制御にはオープンソースを活用して,制御装置にも汎用CPUを使用しており,操作はすべてWi-Fiで接続されたタブレット端末を通じて行なう。クラウド上の3Dモデルをダウンロードしてタブレット端末で操作するだけで造形することができる。

JIMTOF2016の展示会場では,3D金属造形について実演を予定している。デジタルファブリケーションへの適用を想定し,使用環境の多様さやデジタル情報から直接物を創り出すコンセプトをアピールする。

その他関連ニュース

  • 理科大ら,金属積層造形プロセスを数値モデル化 2023年01月12日
  • 阪大,生体骨のような新材料を金属AMで実現 2022年11月30日
  • 古河電工,愛知にレーザーアプリケーションラボ設置 2022年11月29日
  • 早大ら,3Dプリンタで金属・樹脂の3次元構造体作製 2022年11月29日
  • 横国大,3Dプリンタで3Dフレキシブル配線を作製 2022年11月29日
  • NAOJ,金属3Dプリンタで電波望遠鏡部品を作製 2022年10月26日
  • 早大,金属3Dプリンターの残留応力の低減に成功 2022年10月17日
  • 阪大,フード3Dプリンターで食品内部にコード埋込 2022年10月17日