アマダ,ブルー/ファイバーレーザー加工機を発売

アマダは,3次元レーザー統合システム「ALCIS-1008e」(アルシス)を発表した(ニュースリリース)。

「ALCIS(Advanced Laser Cube Integrated System)」は切断,溶接,積層造形といった多様なレーザー加工を,1台のマシンで可能にした3次元レーザー統合システム。

この製品は,共に最大3kWの高出力ブルーレーザー発振器と,ファイバーレーザー発振器を搭載している。ブルーレーザーはファイバーレーザーに比べ波長が短く,銅に対する吸収率が10倍以上と高いため,高速かつ高品位な溶接が可能。

加工する材料に合わせて最適なレーザーを選択することで,e-Mobilityなどにより需要が高まる銅のみならず,日々進化する素材や工法への柔軟な対応を実現するという。

また,3Dヘッドは切断,溶接,積層造形に対応したトーチへ容易に交換が可能で,多様な3次元レーザー加工を1台のマシンで実現する。また,溶接トーチは加工用途や材質に応じて選択でき,高品位な安定加工を実現する。スキャナーヘッドが搭載可能な仕様では,さらなる高速溶接に対応する。

さらに,最新のCAD・CAM「VPSS 4ie」にてオフラインプログラム作成が可能。また,NC装置は「AMNC 4ie」を搭載。新機能の「AI位置補正システム」により,カメラで撮影したワーク画像からAIと画像処理により特徴的な形状位置を検出し,ワークの位置ずれを自動補正することで,段取り削減に貢献するとしている。

レーザーウエルドモニター「MM-L400A(アマダウエルドテック製)」を搭載,加工中の光をセンシングすることにより,溶接品質の測定・記録・良否判定が可能となり,トレーサビリティまで確立する。また,保護ガラスの汚れを監視するシステムも搭載し,不良ゼロを目指すという。

2軸ポジショナーテーブル,平板切断テーブル,パイプインデックスへ容易に変更可能で,立体物から平板,パイプの加工まで柔軟に対応する。加工機のパーテーションは前面,両側面からアクセスできるフレキシブル設計で,システムアップによる自動化にも対応可能としている。

その他関連ニュース

  • 古河電工ら,出力5kWの青色レーザー発振器を開発 2024年06月04日
  • ギガフォトン,微細アブレーション加工用光源を納入
    ギガフォトン,微細アブレーション加工用光源を納入 2023年12月12日
  • 古河電工,青色レーザーを増強したBlue-IR発振器発売 2023年09月26日
  • アマダ,溶接ロボットシステムの受注開始 2023年06月06日
  • PRIMES Japan,フォーカストラッカーを発売 2023年02月13日
  • 古河電工,愛知にレーザーアプリケーションラボ設置 2022年11月29日
  • ウシオ,青色レーザーモジュールを発売 2022年10月27日
  • イスラエルCivan,日本法人を設立 2022年08月31日