シャープ,椅子型ソーラー充電スタンドを開発

シャープは,高効率な化合物太陽電池が発電した電気をスマートフォンなどの充電に利用できる椅子型「ソーラー充電スタンド」を開発した(ニュースリリース)。

これは東京都環境公社が再生可能エネルギーの普及啓発に向けて推進する「シティチャージ普及促進事業」の設置事業者に応募し,採用されたもの。東京都環境公社を通じて,東京都内のコーヒーショップ3店舗に10月下旬より順次設置される予定。

開発した椅子型の「ソーラー充電スタンド」は,背もたれの裏側に人工衛星などに採用されている高効率な化合物太陽電池を搭載した。約30%の高い変換効率を実現しており,テラス席など屋外に設置することで効率良く発電する。

利用者は座ってコーヒーを飲みながら,手軽にスマートフォンなどを充電することができる。また,発電した電気は,座面の下に搭載した蓄電池に蓄えられるので,日照量が少ない時でも利用可能。椅子型なので移動も簡単になっている。

同社は,昨年も東京都環境公社の同事業の設置事業者に選定され,日本で初めての「シティチャージ」として,東京タワーの近くにソーラー充電スタンドを設置し,旅行者などに利用されている。今後も太陽光発電システムを活用したエネルギーソリューションの提供に取り組むとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大,ソーラーEVシティー構想を東南アジアで検証 2023年01月06日
  • 東北大,硫化スズで高効率太陽電池開発に知見 2022年12月02日
  • 電通大,量子ドット太陽電池で最高変換効率達成 2022年10月19日
  • 東芝,透過型Cu2O太陽電池の発電効率を更新 2022年09月28日
  • NIMS,効率20%寿命1000時間超のペロブスカイトPV 2022年09月16日
  • 名大ら,印刷で高品質シリコンゲルマニウム膜を実現 2022年09月13日
  • 理研ら,太陽電池を搭載したサイボーグ昆虫を開発 2022年09月06日
  • 三井化学,多数分散型太陽光発電向け診断サービス 2022年08月03日