パナソニック,テスラと太陽電池で協業へ


パナソニックは,太陽電池分野で米テスラモーターズとの協業に向けた検討を開始する(ニュースリリース)。

具体的には,北米市場向けに,テスラ社傘下のバッファロー工場における太陽電池セル,モジュールの生産協業に関する検討で,2016年10月17日,同社との間で法的拘束力の無い意向表明書を締結,同社が太陽電池分野で持つ技術・製造力の強みと,テスラ社の強い販売力との相乗効果など,両社が持つ強みを生かした協業を検討していくという。

同社は,結晶シリコン基板とアモルファスシリコン膜を組み合わせた独自のヘテロ接合型太陽電池「HIT®」の生産・販売を行なっている。この製品は世界トップレベルの発電効率と,優れた温度特性により,限られた面積でも大きな発電量を実現している。

また,製造面では,インゴットから,セル,モジュール,さらにパワーコンディショナなどのシステム機器まで一貫生産を行なっており,グローバルでの太陽光発電事業の拡大を着実に進め,再生可能エネルギーの普及促進による持続可能な社会の実現を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大,ソーラーEVシティー構想を東南アジアで検証 2023年01月06日
  • 東北大,硫化スズで高効率太陽電池開発に知見 2022年12月02日
  • 電通大,量子ドット太陽電池で最高変換効率達成 2022年10月19日
  • 東芝,透過型Cu2O太陽電池の発電効率を更新 2022年09月28日
  • NIMS,効率20%寿命1000時間超のペロブスカイトPV 2022年09月16日
  • 名大ら,印刷で高品質シリコンゲルマニウム膜を実現 2022年09月13日
  • 理研ら,太陽電池を搭載したサイボーグ昆虫を開発 2022年09月06日
  • 三井化学,多数分散型太陽光発電向け診断サービス 2022年08月03日