長州産業のMWT太陽電池,変換効率23.1%を達成

長州産業は,MWT(メタル・ラップ・スルー)型バックコンタクト太陽電池で23.1%のセル変換効率を達成し,これまで同社が持っていた世界最高記録(21.5%)を大幅に更新した(ニュースリリース)。

これは,オランダ・エネルギー研究所(ECN)との間で進めてきた共同研究の結果となるもの。

この成果を2016年6月にドイツ ミュンヘンで開催された欧州太陽光発電国際会議にて発表したところ,ポスター賞を受賞した。結晶シリコン分野全体で285件もの発表があり,これらの発表の中で受賞した発表は2件のみだった。

同社はこうした評価により,MWT太陽電池は次世代の高効率太陽電池として期待できることが証明され,また,同社の研究開発成果が世界的に傑出したものであることが認められたとしている。

関連記事「Sol Voltaics,ナノワイヤPVで変換効率27%超に目処」「パナソニック,シリコン太陽電池モジュールで変換効率23.8%」「NEDOら,薄膜系太陽電池で世界最高の変換効率を達成

その他関連ニュース

  • 阪大,赤外光で発電する透明な太陽電池を開発 2024年05月23日
  • カネカと大成建設,太陽電池モジュール販売会社設立 2024年04月17日
  • 宮崎大とソーラーフロンティア,太陽電池で共同研究 2024年04月16日
  • 積水化学ら,ペロブスカイト太陽電池の設置実証実験 2024年03月28日
  • AGC,太陽光パネルカバーガラスの実証試験に成功 2024年03月26日
  • 東工大,高性能シリコン太陽電池製造手法を安全化 2024年03月14日
  • 日本学士院,日本学士院賞授賞を光研究2件に授与 2024年03月13日
  • OIST,太陽光発電の変動性評価における新手法を開発 2024年03月13日