長州産業のMWT太陽電池,変換効率23.1%を達成

長州産業は,MWT(メタル・ラップ・スルー)型バックコンタクト太陽電池で23.1%のセル変換効率を達成し,これまで同社が持っていた世界最高記録(21.5%)を大幅に更新した(ニュースリリース)。

これは,オランダ・エネルギー研究所(ECN)との間で進めてきた共同研究の結果となるもの。

この成果を2016年6月にドイツ ミュンヘンで開催された欧州太陽光発電国際会議にて発表したところ,ポスター賞を受賞した。結晶シリコン分野全体で285件もの発表があり,これらの発表の中で受賞した発表は2件のみだった。

同社はこうした評価により,MWT太陽電池は次世代の高効率太陽電池として期待できることが証明され,また,同社の研究開発成果が世界的に傑出したものであることが認められたとしている。

関連記事「Sol Voltaics,ナノワイヤPVで変換効率27%超に目処」「パナソニック,シリコン太陽電池モジュールで変換効率23.8%」「NEDOら,薄膜系太陽電池で世界最高の変換効率を達成

その他関連ニュース

  • 東北大,ソーラーEVシティー構想を東南アジアで検証 2023年01月06日
  • 東北大,硫化スズで高効率太陽電池開発に知見 2022年12月02日
  • 電通大,量子ドット太陽電池で最高変換効率達成 2022年10月19日
  • 東芝,透過型Cu2O太陽電池の発電効率を更新 2022年09月28日
  • NIMS,効率20%寿命1000時間超のペロブスカイトPV 2022年09月16日
  • 名大ら,印刷で高品質シリコンゲルマニウム膜を実現 2022年09月13日
  • 理研ら,太陽電池を搭載したサイボーグ昆虫を開発 2022年09月06日
  • 三井化学,多数分散型太陽光発電向け診断サービス 2022年08月03日