パナ,太陽電池生産から撤退

パナソニックは,マレーシア工場および島根工場における太陽電池の生産終息を決定したと発表した(ニュースリリース)。

同社は2021年度中に太陽電池の生産から撤退し,事業構造改革を完了させる。尚,国内外における太陽電池の販売は継続するという。

マレーシア工場については,2021年度中に,太陽電池ウエハー,セル,モジュールの生産を終息する。建物,土地などの資産については譲渡を検討するとともに,マレーシア工場の現地法人であるパナソニック ソーラー エナジー マレーシアを清算する。従業員については,割増退職金支払や再就職支援などの対応を行なうという。

島根工場についても,2021年度中に,太陽電池セルの生産を終息するが,パワーコンディショナ,蓄電池などの生産は継続する。太陽電池の生産に関わる従業員については,同工場内を基本として,今後成長が期待されている領域への異動により,雇用を維持する。

また,生産撤退に伴い,二色の浜工場における太陽電池の研究開発機能を縮小し,人的リソースについては,成長領域へシフトする。尚,今後も,国内では太陽電池の生産委託などによるパナソニックブランドでの販売を継続し,海外では,北米などで実施している太陽電池の外部調達による販売を継続するとしている。

その他関連ニュース

  • OSIT,大面積・長寿命ペロブスカイト太陽電池製作 2021年02月01日
  • 国環研,PVとEVが都市の脱炭素化に有効と解明 2021年01月15日
  • 千葉大,ペロブスカイトPVの表面評価法を確立 2020年12月09日
  • 広島大ら,有機薄膜太陽電池を飛躍的に高効率化 2020年11月26日
  • 香川大ら,高電圧太陽電池の開発に糸口 2020年11月25日
  • 産総研ら,酸化チタンで新たな太陽電池を開発 2020年10月23日
  • 産総研ら,多接合太陽電池の安価な製造技術を開発 2020年10月16日
  • リコー,色素増感太陽電池搭載IoTセンサー発売 2020年10月09日