出光,中国の有機EL工場が本格稼働

出光興産は,2021年1月からの出荷に向け,アジアで3カ所目の有機EL材料製造工場「出光電子材料(中国)有限公司 成都工場」の本格稼働を開始したと発表した(ニュースリリース)。

同工場は有機EL材料製造工場として同社3か所目。御前崎製造所(日本・静岡県,生産能力2トン/年),出光電子材料韓国(韓国・パジュ,生産能力8トン/年),に同工場を加えることで,同社グループの有機EL材料供給能力は合計で22トン/年となる。

同社では同工場の本格稼働開始にあたり,中国政府関係者や取引先など約100名の来賓が出席したオープニングセレモニーを,12月1日に実施した。

その他関連ニュース

  • 三菱,産業メカトロニクス製作所を設立 2021年03月02日
  • 住友化学,高分子有機EL発光材料の事業化を加速 2021年03月01日
  • 市光工業,生産子会社に大型設備投資 2021年02月16日
  • 九大,TADFで励起一・三重項状態間の熱平衡を実現 2021年02月15日
  • 住友化学,最先端プロセス向けレジストを増産 2021年02月09日
  • CYNORA,TADFベース深緑色OLEDキットを発売 2021年01月25日
  • 阪大ら,軽元素のみから成る有機EL発光材料を開発 2021年01月14日
  • 九大ら,高性能純青色有機EL素子を開発 2021年01月05日