コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売

コニカミノルタは,有機ELやマイクロLEDなど進化し続ける最新ディスプレーの評価ニーズに対応したカラーアナライザー「CA-527」を,2024年3月19日に発売したと発表した(ニュースリリース)。

近年ディスプレー業界は急速に進化を遂げており,開発・生産現場からは,より低輝度から高輝度領域に対応し,一層高速かつ高精度な測定器への要求が高まっている。

この製品は,テレビやスマートフォンなどのディスプレー開発・生産現場において,ホワイトバランスやガンマフリッカーなどの検査・調整に用いられる光計測機器。

従来の「CA-VP427A」と比較して,低輝度においては1/3の暗さの0.0001cd/m2まで,高輝度においては2倍の明るさの10,000cd/m2までカバーする拡大された測定ダイナミックレンジによって,より広い範囲での測定精度ならびに繰り返し測定性能の保証を実現した。

これにより,高コントラスト比や広色域化が一層進む,有機EL,マイクロLED等の高品位な次世代ディスプレーのより高精度な輝度・色度の評価ニーズに応えるという。

この製品では,最新の光学設計により,従来のカラーアナライザーシリーズと比較して,特に低輝度測定時間の大幅短縮を実現した。これにより,ディスプレーの研究開発の領域のみならず,ディスプレーの生産現場におけるタクトタイムの短縮に寄与する。

また,従来のカラーアナライザーシリーズと比較して,より低輝度の領域をより高いサンプリング周波数で測定することが可能。

これにより,さらなる高コントラスト比を目指して進化する有機ELディスプレーや,時分割駆動方式を採用した最新マイクロLEDディスプレーなど,近年のディスプレー開発の技術トレンドに伴って一層複雑さを増すディスプレーの発光波形をより正確に捉えるとしている。

さらに,従来のカラーアナライザーシリーズが提供するJEITA方式などによる高性能フリッカー測定機能に加え,最新ディスプレーで標準搭載されつつある可変リフレッシュレート(VRR)に伴うフリッカーの測定機能を新たに実装した。

さらなる動画品質の向上ならびに省電力化の実現に向かう最新ディスプレーの品質評価ニーズに対して,業界最高水準のフリッカー測定性能で新たなデファクトスタンダードを目指すとしている。

その他関連ニュース

  • シャープ,4Kタッチディスプレー3機種を発売 2024年03月25日
  • パナ,マイクロLEDを活用の次世代照明器具技術開発 2024年03月08日
  • 名大ら,有機EL材料の発光効率の増幅機構を発見 2024年02月01日
  • 群馬大ら,OLEDの特性に直結する分子配向を制御 2023年12月11日
  • シャープ,A2カラー電子ペーパーディスプレーを開発 2023年10月30日
  • 近畿大ら,第3世代円偏光有機発光ダイオードを開発 2023年10月23日
  • 東工大ら,世界最小電圧で光る青色有機ELを開発 2023年09月21日
  • ams OSRAM,マレーシアの先進LED製造支援を継続 2023年09月20日