Micro-Epsilon Japan,白色干渉計システムを発売

Micro-Epsilon JapanはinterferoMETERシリーズ「IMS5600-DS」の販売を開始した(製品ページ)。

コンパクトなプローブ内にリファレンスを持った白色干渉方式の測長器で,手軽に0.03nm分解能の絶対精度での測長が可能だという。

19mmのワーキングディスタンスを持ったプローブから2.1mmの範囲で,0.03nmの分解能を実現。計測速度も最大6kHzと高速計測が可能。計測のスポット径は10umと小さく,極小エリアの計測ができる。エンコーダー取り込みポートがあるのでステージ等と組み合わせることによりプロファイルの計測が可能だという(矩形的なプロファイルにも対応)。

アナログ,デジタルの様々な外部同期インターフェースにも幅広く対応しており,高い温度特性を有する。振動や衝撃にも強いコントローラにより,装置搭載にも適した絶対値測長装置だという。また同社では,この製品の発売と同時に白色干渉技術を使った厚み測定器「IMS5400-TH」も販売開始するとしている。

その他関連ニュース

  • santec,最高感度の光学式三次元計測器を開発 2020年09月11日
  • アストロデザインら,8K搭載の計測車両開発 2020年06月04日
  • 日本レーザー,超高安定性干渉計を発売 2020年03月16日
  • 理科大ら,蛍光体の光エネルギー変換効率を測定 2020年02月18日
  • 産総研,大口径で高精度な平面形状測定装置開発 2020年02月06日
  • ウシオら,小型吸光度計のグローバル展開を開始 2019年12月17日
  • 日立LG,LiDAR用動線計測ミドルウェアを無償提供 2019年06月13日
  • 都市大,レーザーで1/100Hzの超低周波を測定 2019年05月28日