街灯の影の異変


街灯というものに,都会の人ならば賑やかな通りを照らすお洒落で華やかな光を思い浮かべるかもしれないが,田舎暮らしの僕にとって街灯といえば,薄暗い道を照らす道標のような存在だ。もちろん,夜道では頼りになる存在ではあるけれども,そこに華やかさはなく,むしろ,寂しさを漂わせる存在なのである。

夏の夜,仄かに灯る街灯にぱたぱたと蛾が飛んでいる場面に出会ったりすると妙に侘しい気分になってしまう。そう言いながらも,それはノスタルジーを誘う風情だといえなくもない。

ノスタルジックな街灯といえば,傘の下で光る裸電球を思い浮かべてしまうのだけれども,よく考えてみれば,そんな裸電球の街灯が灯る場所に暮らした覚えはない。もしかしたら,映画の中などに出てくる戦後の風景が自分の記憶として刻まれてしまっただけなのかもしれない。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 動体視力という視力 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年06月11日
    • 何かに見えるということ─パレイドリア─ 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年05月10日
    • にんじんケーキの彩りの謎 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年04月11日
    • 油の虹は雨上がりに現れる 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年03月12日
    • 光に関する忘れ物 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年02月12日
    • 金魚に騙される─立体という幻─ 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年01月10日
    • アトを超えるもの 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2023年12月12日
    • 白い虹 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2023年11月10日