暗室のアクシデント

光学実験や写真の現像など,多くの光に関する作業が暗室の中で行われてきた。作業の最中にドアを開けられたり,明かりが点灯してしまったりすると,それまでの苦労が水の泡になってしまう。最悪の場合には装置が壊れてしまう。そんな事故で心が折れた経験を持つ人は結構多いと思う。

僕が就職した会社では,専門や職種にかかわらず,全ての新入社員に写真フィルムを現像するという実習が課されていた。1グループが10人程度で,全て暗室内での作業だ。実習では2台の暗視カメラが用意されていた。

だからグループの中の2名だけが作業を行い,残りのメンバーはただ作業終了を暗闇で待つだけだ。抽選で外れた僕は暗闇組だ。作業が始まり,部屋が暗くなると,僕はあっという間に眠りの闇におちていたが,突然,「バカヤロー」という指導員の声がして目が覚た。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 鵜の目鷹の目 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年08月02日
    • やっぱり百聞は一見に如かず 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年07月07日
    • 白の効能 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年06月22日
    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日
    • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日