どこでもマスク

どこへ行くのにもマスクをしなければいけない世の中になってしまった。インフルエンザが流行する冬はともかく,酷暑の季節にまでマスクをして修行のような時期を過ごしたのは,人生で初めてのことだ。

マスクをつけているのは息苦しいし,口の周りがなんだかムズムズとしてしまったりするから,本当はマスクなんてしたくはない。でも,公共の場でマスクをしていない人や,喋るときになると何故かマスクを顎まで下げて大声で話し出す人を見かけると,なんだかムッとしてしまうから,今では僕もすっかりマスク党員の一人だ。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日
    • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日
    • としまえん 月谷昌之介 2020年11月09日
    • 雷様になりたい 月谷昌之介 2020年10月02日
    • 水底の線香花火 月谷昌之介 2020年09月01日