立ち食い蕎麦にも森羅万象

蕎麦が好きで,何かにつけて食べに行く。とは言っても,蕎麦と言えば神田のあそことかとか日本橋のどこそこ,なんて言うこだわりがあるわけではなく,出かけた先や旅先などで何となく良さげに見える蕎麦屋に入り,美味しいの美味しくないのと勝手な感想を持つだけだから,プロの蕎麦好きから見ればなんちゃって蕎麦好きだ。本格的な蕎麦屋の蕎麦も勿論好きだけれども,時々,立ち食い蕎麦が無性にたべたくなる。

それも,かき揚げ天蕎麦と決まっている。そんなことを飲み屋でたまたま隣に座っていた地元では有名な本格的蕎麦屋の大将に話したら,「実は私もたまらなく立ち食いが食べたくなって,時々食べにに行くんです」と言って笑っていた。結局,蕎麦談義は,立ち食い蕎麦は立ち食い蕎麦というジャンルの大変魅力的な食べ物だという平凡な結論に落ち着いたのである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 蝉が見る夏の光 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2021年10月06日
    • 暗室のアクシデント 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2021年09月07日
    • 鵜の目鷹の目 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年08月02日
    • やっぱり百聞は一見に如かず 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年07月07日
    • 白の効能 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年06月22日
    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日