ひかりのはじまり

hikari_1508_01

僕たちは普段から,光(ひかり)とか光る(ひかる)という言葉を何の疑問も無く使っている。そのうえ,「青春の光」だとか「新幹線ひかり号」だとか「光通信」だとか,さまざまなものに光という言葉を組み合わせているくらい光は重要な言葉のひとつである。そんな光という言葉がどのようにして出来てきたのだろうかということが,僕は以前から少し気になっていたのだ。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 蝉が見る夏の光 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2021年10月06日
    • 暗室のアクシデント 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2021年09月07日
    • 鵜の目鷹の目 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年08月02日
    • やっぱり百聞は一見に如かず 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年07月07日
    • 白の効能 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年06月22日
    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日