太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム

◆内藤 俊雄 (ナイトウ トシオ)
愛媛大学 大学院理工学研究科 環境機能科学専攻 教授
1964年東京都文京区生まれ。
東京大学理学部化学科卒業。東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。
博士(理学)(東京大学)。
愛媛大学大学院理工学研究科環境機能科学専攻教授(固体物理化学)。
1988年から有機物を中心とした新しい伝導性物質や磁性物質の開発とその機能発現機構を研究。
当該研究で日本化学会学術賞,分子科学会国際学術賞など,11件の受賞。
日本化学会速報誌編集幹事,分子科学会幹事,日本学術振興会専門委員,日本学術会議連携会員などを歴任。

SDGsの推進により太陽光発電が改めて注目を集めている。現在の太陽電池は発電しかできないが,もし,太陽光のエネルギーを蓄え,任意に取り出せる物質があったらどうであろうか。バッテリーが不要な新しい再生可能エネルギー源として大きな注目を集めるだろう。

愛媛大学教授の内藤俊雄氏は,光が当たると構造が変化し,エネルギーとして蓄えることができる物質を発見し,その実用化を進めている。今回のインタビューでは,その夢のような物質について解説して頂くと共に,研究で利用したクラウドファンディング(クラファン)についても教えて頂いた。

研究費が削減される中,有志からの寄付は研究者にとって福音となるに違いない。新たな資金調達法として検討する価値は大いにありそうだ。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
    • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
    • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日
    • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
    • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日