蛇女と蛇の目

hikari_1506_01

僕がまだ学生だった頃,「蛇女」というものを見たことがある。大きなお祭りで露店が立ち並ぶ公園の一画に,「蛇女」の見世物小屋がかけられていた。「蛇女」で真っ先に想像したのは,妹が読んでいた少女漫画に連載されていた,楳図かずおの「へび女」だ。母親が蛇に乗り移られて,時々鱗だらけの口裂け女になって主人公を恐怖のどん底に陥れるという話だった。でも,見世物小屋の檻の中に居た蛇女はそんな妖怪ではなく,ビキニの水着を纏った中年の女性だった。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • やっぱり百聞は一見に如かず 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年07月07日
    • 白の効能 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年06月22日
    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日
    • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日
    • どこでもマスク 月谷昌之介 2020年12月01日