青い光と白い光

hikari_1412_01

毎年,ノーベル賞が発表される時期になると,俄にノーベル賞候補者の名前が取り沙汰されるようになる。そして国内では,日本人がノーベル賞を受賞するかどうかと言う話題で,そわそわとした雰囲気となる。ひとたび日本人の受賞者が出たりすると,まるでお祭り騒ぎのようだ。

それにしても,「今年のノーベル賞」をさんざん煽り立ててきたテレビのキャスターが,いざ研究の中身となると,「私たちには理解できないですねえ」などと言うから無責任なものである。一般の人にも科学に関心をもってもらうため,少しは努力していただいても…と思ってしまうのだ。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 動体視力という視力 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年06月11日
    • 何かに見えるということ─パレイドリア─ 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年05月10日
    • にんじんケーキの彩りの謎 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年04月11日
    • 油の虹は雨上がりに現れる 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年03月12日
    • 光に関する忘れ物 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年02月12日
    • 金魚に騙される─立体という幻─ 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2024年01月10日
    • アトを超えるもの 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2023年12月12日
    • 白い虹 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2023年11月10日