2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減

米SEMIは5月6日(米国時間),半導体材料の2023年世界市場が,2022年の過去最高額727億ドルから8.2%減少し,667億ドルであったことを発表した(ニュースリリース)。

それによると,2023年の前工程材料の売上高は前年比7.0%減の415億ドルとなり,またパッケージング材料の売上高は前年比10.1%減の252億ドルとなった。

前工程材料の中で減少が大きかったのは,シリコン,フォトレジスト関連材料,ウェットケミカル,CMP分野だった。パッケージング材料の減少の大部分を占めたのは有機基板分野となるという。

2023年の半導体需要は業界が過剰在庫の調整を進めたため軟化し,ファブ稼働率が下がった結果,材料の消費量は減少したとしている。

地域別では,台湾が192億ドルを消費し,14年連続で世界最大の半導体材料消費地域となった。131億ドルを消費した中国は,プラス成長を維持して,2023年も世界第2位の市場となった。

世界第3位の市場は,106億ドルを消費した韓国だった。中国以外のすべての地域が,2023年は一桁後半から二桁の減少を記録したという。

その他関連ニュース

  • 2024年,ミニ/マイクロLEDディスプレーは1837万台 2024年05月22日
  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減 2024年05月09日
  • 2023年,世界半導体製造装置販売額は1,063億ドルに 2024年04月11日
  • 2029年,半導体露光装置市場は4兆7,900億円 2024年04月02日
  • 2030年次世代ドラレコ,新車への搭載率1% 2024年03月28日
  • 2023年のスマホ世界出荷台数,12億2,629万台の見込 2024年03月27日
  • 300mmファブ装置投資額,2027年に1,370億ドル 2024年03月22日