2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減

米SEMIは5月1日(米国時間),2024年第1四半期(歴年)の世界シリコンウエハー出荷面積が前期比5.4%減の28億3,400万平方インチとなり,前年同期の32億6,500万平方インチから13.2%減となったことを発表した(ニュースリリース)。

それによると,ICファブの稼働率の継続的な低下と在庫調整により,2024年第1四半期はすべてのウエハーサイズでマイナス成長となり,ポリッシュドウエハーの出荷面積は,前年同期比でEPIウエハーよりも,わずかに減少したという。

注目すべきは,AIの普及がデータセンター向け先端ノードロジック製品やメモリの需要を押し上げており,一部のファブの稼働率が2023年第4四半期に底を打っていることだとしている。

その他関連ニュース

  • 2024年,ミニ/マイクロLEDディスプレーは1837万台 2024年05月22日
  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日
  • 2023年,世界半導体製造装置販売額は1,063億ドルに 2024年04月11日
  • 2029年,半導体露光装置市場は4兆7,900億円 2024年04月02日
  • 2030年次世代ドラレコ,新車への搭載率1% 2024年03月28日
  • 2023年のスマホ世界出荷台数,12億2,629万台の見込 2024年03月27日
  • 300mmファブ装置投資額,2027年に1,370億ドル 2024年03月22日