大興製作所,2種類のLED照射モジュールを開発

大興製作所は,それぞれ255nmと235nm にピークをもつ2種類の「Far UVC LED 照射モジュール」を開発した(ニュースリリース)。2023年11月中旬より販売を開始する。

昨今,環境問題がさかんにうたわれる中,紫外線を発光する光源については,環境負荷の高い水銀ランプなどが用いられてきた。

また,エネルギーコストの高騰により,省エネルギー化と環境負荷の低減を同時に実現することが課題となっている。

このような社会の流れを背景に同社では,環境負荷が極めて少ない2種類の紫外線照射モジュールを開発した。この紫外線照射モジュールは光源にLEDを用いており,その特長である環境負荷の低減に加えて,省スペース化を実現している。

さらに,同社にて設計・製造した光学素子を用いることで,LED単体と比較して約3倍の高照度化についても実現したという。

主な仕様は以下の通り。

型 番DSL-235SDSL-255S
波 長235nm255nm
配光角[FWHM]10deg
放射照度(mW/cm2)0.2mW/cm20.7mW/cm2
照射距離 [W.D]30mm
電流値 [If]20mA
外形寸法φ30×66 mm
重 量90 g

その他関連ニュース

  • 大興製作所,SPOT光源の波長ラインナップを強化 2024年06月03日
  • ams OSRAM,園芸用照明器具向け高出力LED発売 2024年05月29日
  • 富士フイルム,より高画質化した内視鏡システム発売 2024年05月28日
  • 大興製作所,LED照射モジュールのブランド立ち上げ 2024年04月23日
  • 豊田合成,最高級出力(200mW)UV-C LEDを開発
    豊田合成,最高級出力(200mW)UV-C LEDを開発 2024年04月22日
  • エドモンド,レーザー遮光ウインドウを発売 2024年04月17日
  • ローム,VCSELとLEDの特長融合した赤外線光源開発 2024年04月09日
  • ウシオ電機,シール・ラベル印刷向けUV-LEDを発売 2024年04月02日