マクニカら,ペロブスカイトPVの環境省事業に採択

マクニカは,「港湾などの苛烈環境におけるPSCの活用に関する技術開発(委託)」が,環境省の「地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業」に採択され,令和5年度より3年間の技術開発・実証事業を開始すると発表した(ニュースリリース)。

この事業は,ペロブスカイト太陽電池の発明者である桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授の指導の下,ペクセル・テクノロジーズ,麗光,マクニカの3社で推進するもの。

脱炭素技術として,各国で研究開発競争が巻き起こっているペロブスカイト太陽電池は,従来の太陽光パネルに比べ,重さは100分の1と軽く,薄く,柔軟性があり,塗布も可能で,さらには少ない光量でも発電できる。

そのため,都市のビル壁面や,湾曲した部分,室内でも発電が可能となり,衣服で発電するなどこれまでになかった使い方で,発電の概念を変える可能性がある。

一方,日本発でありながら,開発面では巨額の投資を受けた海外勢が先行しているため,日本政府は,国を挙げてペロブスカイト太陽電池の実用化に取り組むことを表明している。

今回,3社が取り組むのは,環境省が全面的にバックアップする苛烈環境下において初となる技術開発・実証事業。横浜市のみなとみらい地区・横浜大桟橋の一部を使用し,一般の人の目に触れる環境で大規模実証を行なう。

港に面した特性を生かし,塩害等の苛烈な環境下や,波打った屋根の上,より面積の大きい形状など,様々な条件下で実証を行なうという。

主な技術開発内容は①交換前提とした場合のコスト要求を達成するセル製造塗布方式の確立②屋外苛烈環境向けジャンクション構造と最適封止モジュール構成の確立③港湾施設等の苛烈環境下に対応するパネル開発の3つ。

これらの技術開発にあたっては,薄膜フィルム結晶製品製造技術を持つ麗光と協業。マクニカは,事業の統括役として事業を推進する一方,ペロブスカイトを用いたパワーユニットのシステム等を開発していくとしている。

その他関連ニュース

  • 旭化成ら,深紫外LEDで車両の空気殺菌する実証開始 2024年02月27日
  • 京大,スズペロブスカイト電子輸送用フラーレン開発 2024年02月22日
  • NIMS,長期耐久性のペロブスカイト太陽電池を開発 2024年02月05日
  • リコーら、ペロブスカイト太陽電池の実証実験を開始 2024年02月02日
  • 三菱ら,赤外線センサーによる害虫検知共同実験開始 2024年01月16日
  • 岡山大ら,ペロブスカイト太陽電池を長寿/高性能化 2023年12月27日
  • 名大,蒸着可能なフラーレン誘導体で高耐久PSC作製 2023年12月22日
  • KDDIら,曲がる太陽電池を活用した基地局を検証
    KDDIら,曲がる太陽電池を活用した基地局を検証 2023年12月12日