ローム,LiDAR用高出力レーザーダイオードを開発

ロームは,距離測定・空間認識用LiDARを搭載する産業機器分野のAGV(無人搬送車)やサービスロボット,民生機器分野のロボット掃除機などに向けて,高出力半導体レーザーダイオード「RLD90QZW8」を開発したと発表した(ニュースリリース)。サンプル価格は3,500円/個(税抜)。

近年,AGVやロボット掃除機,自動運転車など,動作の自動化を必要とする幅広いアプリケーションで,正確に距離測定・空間認識を行なうことができるLiDARの採用が進んでいる。その中で,より遠くまで,より正確に情報を検知するため,光源となるレーザーダイオードには出力と性能の向上が求められている。

この製品は,3D ToFシステムを用いて距離測定や空間認識を行なうLiDAR向けに開発された,赤外120W高出力レーザーダイオード。独自の素子開発技術により,レーザー波長の温度依存性を一般品比66%減となる⊿11.6nm(平均0.10nm/℃)まで低減させている。

これにより,バンドパスフィルターの狭小化に寄与するため,LiDARの遠方検知に貢献する。また,業界最小クラスの発光幅270µmでありながら,発光幅の97%にあたる264µmの領域で均一な発光強度を実現しており,LiDARの高精細化にも貢献するという。

さらに,新製品は高い電力光変換効率(PCE)も実現しており,高効率な光出力が可能となることから,LiDARの低消費電力化にも貢献するとしている。

また,LiDAR用途でのレーザーダイオード駆動には,ナノ秒オーダーの高速スイッチングも必要となるが,同社が開発した「EcoGaNシリーズ」の「150V GaN HEMT」,及びゲートドライバを組み合わせたリファレンスデザイン「REFLD002」も公式Web上で公開している。

この製品は,2023年12月より当面月産20万個の体制で量産を開始するという。主なアプリケーションは以下のとおり。
民生機器:ロボット掃除機,ゴルフレーザー測距計
産業機器:AGV・サービスロボット,3D監視システム(人・物検知用センサ)

その他関連ニュース

  • 北陽電機,ソリッドステート3D LiDARを発売 2024年05月22日
  • 【OPIE】浜松ホトニクス,MPPCなど新製品が登場 2024年04月24日
  • 小糸の車載向け短距離LiDAR,OEMメーカーより受注 2024年04月12日
  • 岡⾕エレクトロニクスと横浜市,LiDARで交通量調査 2024年03月25日
  • 横浜市,交通量調査のICT化実験に向けた提案を募集 2024年03月18日
  • ST,3D深度センシングを強化するToF測距センサ発表 2024年03月13日
  • 三菱電機,半導体レーザーで大河内記念生産賞を受賞 2024年03月01日
  • 慶大ら,LiDARセンサーを網羅的セキュリティー調査 2024年02月13日