ZEB市場,2030年度に12兆300億円まで拡大

矢野経済研究所は,国内のZEB市場を調査し,要素技術の動向,参入企業動向,将来展望を明らかにした(ニュースリリース)。

政府による「2050年カーボンニュートラル宣言」とそれを受けた脱炭素経営への進展や,2021年10月に閣議決定された「第6次エネルギー基本計画」において,「2030年度以降の新築建築物へのZEB(ZEH)水準の省エネルギー性能確保」,「省エネルギー基準の段階的な引き上げの実施」が明記されるなどの動きがあったことで,近年は建築主の環境意識が一層向上している。

一方,オフィスビル等を供給するデベロッパー各社においても,大手では自社の開発物件について2030年度までにすべてをZEB化する方針を打ち出しており,今後はZEB設計が基本との認識が広がりつつある。

また,ZEB Ready,ZEB Orientedについては,非ZEB仕様の建築物と比較してイニシャルコストの増加分が低く抑えられるようになってきているという。

2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現するとした政府目標などを踏まえ,2030年度のZEB市場規模は12兆300億円まで拡大すると予測する。

現在計画中の新規建築プロジェクトについても,設計の初期段階からZEBとなっているものが目立つことから,市場は右肩上がりでの推移が続く見通しだという。

その他関連ニュース

  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日
  • 2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減 2024年05月09日
  • 2023年,世界半導体製造装置販売額は1,063億ドルに 2024年04月11日
  • 2029年,半導体露光装置市場は4兆7,900億円 2024年04月02日
  • 2030年次世代ドラレコ,新車への搭載率1% 2024年03月28日
  • 2023年のスマホ世界出荷台数,12億2,629万台の見込 2024年03月27日
  • 300mmファブ装置投資額,2027年に1,370億ドル 2024年03月22日