2022年パワー半導受託生産市場,約1000億円

富士経済は,パワー半導体の急速な需要増加と共に拡大している受託生産(ファウンドリ)関連事業の市場を調査し,その結果を「パワーデバイス市場におけるファウンドリ・受託加工ビジネスの最新動向」にまとめた(ニュースリリース)。

この調査では,パワー半導体における受託生産関連事業の展開や直近の設備投資状況を把握し,パワー半導体の需要増加に伴う受託生産の活用動向を分析したほか,国内外受託生産・受託加工メーカー14社の企業事例を捉えている。

それによると,2022年のパワー半導体における受託生産関連事業の市場規模は,約1,000億円となった。近年は生産コストの削減や供給の安定性確保を目的に,大手メーカーがウエハーメーカーを買収するなど垂直統合型の生産形態の整備が進められている。

一方,旺盛な需要を背景にファブレスメーカーや,自社工場の生産能力拡大を躊躇する垂直統合型パワー半導体メーカーから,生産を外部の受託生産メーカーに委託する事例も増えているという。

受託生産メーカーは,設備投資によるシリコンパワー半導体の生産能力増強を積極的に進めているほか,SiCやGaNなどの化合物系パワー半導体の受託生産を行なうなど,事業拡大に向けた取り組みが活発化している。

また,メモリやロジックなどの半導体は12インチ化が先行している影響で,既存の8インチラインをパワー半導体の受託生産に補填する動きもみられるといい,今後,外部生産委託がさらに増加する場合,受託生産比率は2030年には約10%まで上昇する可能性があるとしている。

その他関連ニュース

  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日
  • 2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減 2024年05月09日
  • 2023年,世界半導体製造装置販売額は1,063億ドルに 2024年04月11日
  • 2029年,半導体露光装置市場は4兆7,900億円 2024年04月02日
  • 2030年次世代ドラレコ,新車への搭載率1% 2024年03月28日
  • 2023年のスマホ世界出荷台数,12億2,629万台の見込 2024年03月27日
  • 300mmファブ装置投資額,2027年に1,370億ドル 2024年03月22日