2035年情報系ECU市場,8兆8,244億円に

富士キメラ総研は,ECUと関連デバイスの世界市場について調査し,その結果を「車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2023 ≪下巻:ECU関連デバイス編≫」にまとめた(ニュースリリース)。

この調査では,6領域(パワートレイン系,xEV系,走行安全系,ボディ系,情報系,センサー/アクチュエーター)のECUについて国・地域別に市場を分析し,それらを構成するデバイス30品目の動向を捉えた。

それによると,各種電装機器の搭載によって,それらを制御するECUの搭載数は増加しており,2022年の市場は14兆7,208億円が見込まれる。為替の影響もあり数量ベースと比較して高い伸びとなっており,特に電動化の進展によりxEV系が大幅に拡大しているという。

今後の伸びが特に大きいのは,xEV系と走行安全系だとする。環境規制の強化を背景とした電動化によりxEV系が大きく伸びていき,走行安全系もエアバッグシステムやESCなどの搭載が標準化しているシステムの堅調な需要と自動運転の高度化により伸びるとみる。各領域の伸びに伴い,2035年の市場は2021年比2.9倍の33兆9,916億円を予測する。

情報系は,情報通信系システムのECU,車外通信システムや車内通信システムに採用される通信系ECUを対象とし,カーナビやオーディオ機器のアフター製品に搭載されるECUは含まない。自動車のコネクテッド化やADAS/自動運転システムなどとの連携を背景とした,車外通信機能の追加や車内エンターテインメント機器の増加などにより市場は拡大を予想する。

センターインフォメーションディスプレーの搭載増加に伴うIVI(In-Vehicle-Infotainment)の搭載率上昇,ヘッドアップディスプレーやテレマティクスコントロールユニット,乗員モニタリングシステムなど新たな機能の追加が進んでいくとみる。また,自動運転が高度化することで車内での過ごし方をサポートするために,エンターテインメント機能の拡充も期待されるという。

センサー/アクチュエーターは,センサーユニットなどの制御対象の状態を検出し送信する機器や、モーター/バルブなどといったセンサーに検出された状態に応じた物理的,機械的な動作をするモーターユニット,LiDARやミリ波レーダーといったその他センサーを対象とした。

電動化により補機モーターやその他の小型モーターの搭載も進むとみており,電子制御化によるモーター数の増加や,ADAS/自動運転システムの普及に伴う各種センサー類の増加により市場拡大が予想されるとしている。

その他関連ニュース

  • 2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円
    2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円 2024年06月10日
  • 2024年の偏光板世界生産量,5億9,580万m2まで拡大 2024年06月07日
  • 2024年世界半導体製造装置販売額,前年同期比2%減 2024年06月06日
  • 2023年,産業用3Dプリンタ世界出荷台数は30,000台 2024年05月29日
  • 2040年新型・次世代太陽電池市場,2兆4,000億円 2024年05月29日
  • 2024年,ミニ/マイクロLEDディスプレーは1837万台 2024年05月22日
  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日