北陽電機,LiDARのローエンドモデルを発売

北陽電機は,AGVや自律移動ロボット(AMR)に最適な測域センサー(LiDAR)の「UST-Proシリーズ」に新たなラインナップとして屋外対応ローエンドモデルの「UST-15LX」を2023年4月に発売すると発表した(ニュースリリース)。

同社は「UST-Proシリーズ」の第1弾として,自律移動ロボットに必要とされる検出性能と屋外でも使用できる環境性能をコンパクトなサイズで実現した「UST-30LX」を2020年7月に発売した。

今回発売する「UST-15LX」は,検出物の位置情報をEthernetインターフェースにより出力するデータ出力タイプで,検出距離を15mまでの中距離用途向けに,屋外対応モデルでありながらコスト面を考慮した低コストモデルとして展開していくという。

自律移動ロボットは周囲の環境を認識しながら地図(マップ)を作成するとともに,自分の位置を認識(SLAM)しながら目的地まで移動する。「UST-15LX」はROS1/ROS2に対応しており,様々なプログラムやノードと組み合わせることにより,マッピングやSLAM(自己位置推定)などのような自律移動ロボットの機能実現が可能になるとし,さらに,角度分解能は0.125°/0.25°に切換え出来るようになり,高精度な検出が可能となったとしている。

その他関連ニュース

  • 北陽電機,ソリッドステート3D LiDARを発売 2024年05月22日
  • 【OPIE】浜松ホトニクス,MPPCなど新製品が登場 2024年04月24日
  • 小糸の車載向け短距離LiDAR,OEMメーカーより受注 2024年04月12日
  • 岡⾕エレクトロニクスと横浜市,LiDARで交通量調査 2024年03月25日
  • 横浜市,交通量調査のICT化実験に向けた提案を募集 2024年03月18日
  • ST,3D深度センシングを強化するToF測距センサ発表 2024年03月13日
  • 慶大ら,LiDARセンサーを網羅的セキュリティー調査 2024年02月13日
  • ALAN,世界初の水中フュージョンセンサ技術を開発 2023年10月10日