【光フェア】シャープ福山,AR用レーザー展示

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア2022」(11月9日(水)~11日(金),東京都立産業貿易センター浜松町館)において,シャープ福山レーザー(レーザー科学技術フェア ブースNo4L-26)は,同社の半導体レーザーのラインナップを紹介している。

同社の半導体レーザーは,375nm~660nmと幅広い波長域をカバーしているが,特に青紫~青色半導体レーザーに注目が集まっているという。用途として青紫はPCB/FPC/ソルダーレジストの直接描画(レーザーダイレクトイメージング)への応用が多く,5G/Beyond 5Gを見据えた基板加工や,EV化によるFPC需要拡大などがその要因だとしている。

また,青色半導体のレーザー光は,赤外線と比べて銅への吸収が高いことから,EVやハイブリッドカーの増加に伴い,モーターや電池に使用される銅の加工を目的として,加工機への搭載気運が高まっているという。こうした加工用途では高出力の半導体レーザーを多数使用してハイパワーを実現している。

また,今回の展示会で来場者の興味を引いているのが,開発中のRGBレーザーをコンパクトにまとめた,ARグラス向け光源だという。まだ量産には至っていないというものの,端面発光タイプと,ミラーでレーザーを上方にはね上げて出射する2つのタイプを紹介している。

サイズは端面出射タイプが7.0×3.0×1.6mm,跳ね上げタイプが7.0×4.6×1.5mmとなっている(後者は4.0×4.0×1.4mmタイプもあり)。同社ではこの光源について,サンプル出荷を開始しているという。

その他関連ニュース

  • レーザー用反射型オプティクス,広帯域でも色収差の発生なし
    レーザー用反射型オプティクス,広帯域でも色収差の発生なし 2023年09月04日
  • SSS,1.3型OLEDマイクロディスプレー発売 2023年08月24日
  • 阪大ら,2光子衝突による電子・陽電子対生成を発見 2023年08月21日
  • フォトテクニカ,超短パルス生成モジュールを発売 2023年07月31日
  • XR機器国内出荷台数,49万6,000台の見込 2023年07月11日
  • ラティス・テクノロジー,マーカー不要のARを開発 2023年07月05日
  • ウシオの700nm帯LD,Innovation Award受賞 2023年07月03日
  • SP,アト秒科学向け新技術を発表 2023年06月29日