【光フェア】ソウルバイオシス,各種UV LEDを紹介

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア2022」(11月9日(水)~11日(金),東京都立産業貿易センター浜松町館)において,ソウルバイオシス(紫外線フェア ブースNo3U-09)は,各種製紫外線LED製品を紹介している。

同社が主に展示するのはUV LEDのモジュール。同社はチップやパッケージ,浄水器などの製品でも販売を行なっているが,モジュールはUV LEDを試したいという顧客が懸念する実装のハードルを大きく下げることができる。

例えば防水モジュールは,シールで開口部の防水加工をした樹脂製のハウジングに石英の窓が付いており,ハーネスを接続することで即使用が可能となっている。水浄化を狙った製品だが,飲料水の汚染が心配ない日本においても,ウォーターサーバーのコックに溜まる水の浄化などに関心が寄せられているという。

大手家電メーカーであっても実装の手間からこうしたモジュールは重宝されているといい,同社では14種類の標準品をそろえる他,サイズや波長などのカスタムも請け負っており,用途に応じたものが手に入るという。

殺菌やウィルス不活化で注目を集めるUV LEDだが,同社は一番短い波長の製品である275nmのLEDだけでなく,UV光が危険であるというイメージを持つ顧客に対してはUVAに近い可視光である405nmのLEDモジュールを勧めている。この波長は比較的人体に安全でありながら,長時間照射によって殺菌や不活化の効果も期待できることから,照明と併せて使用するアプリケーションを想定しているという。

昨今の情勢下でも同社のLEDの供給態勢に問題は無いという。深紫外LEDで高い技術力を持つ同社だが,まだ低い日本での知名度を,この展示会を通じて高めていきたいとしている。

その他関連ニュース

  • ローム,VCSELとLEDの特長融合した赤外線光源開発 2024年04月09日
  • ams OSRAM,2次元コードでLEDの個別データを提供 2024年04月01日
  • 工学院ら,190~220nmで発光するUVランプを開発 2024年03月18日
  • ams OSRAM,コンパクトで汎用性に優れたLED発売 2024年03月13日
  • 旭化成ら,深紫外LEDで車両の空気殺菌する実証開始 2024年02月27日
  • ams OSRAM,チップLEDフォトダイオードを発売 2024年02月08日
  • ams OSRAM,自動車向け低消費電力側面発光LED 2024年01月26日
  • ams OSRAM,ウェアラブル血流測定向けLEDを発売
    ams OSRAM,ウェアラブル血流測定向けLEDを発売 2023年12月15日