【光フェア】丸文,高出力UVC-LEDを紹介

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア2022」(11月9日(水)~11日(金),東京都立産業貿易センター浜松町館)において,丸文(紫外線フェア ブースNo3U-05)は,米Luminus Devicse製紫外線LEDチップを紹介している。

LuminusのLEDは幅広いアプリケーションに対応するために出力,波長,パッケージなど幅広く展開している。今回展示の中心となる270nm~285nmのUVC-LEDは,医療機器の除菌,水や空気の浄化などのアプリケーション向けに設計されている。また,365nm~405nmのUVA-LEDは硬化,3Dプリンティング,内視鏡などで用いられているという。

これらのLEDの特長として高出力な点がまず挙げられるという。ピーク波長270nm~280nmの表面実装タイプの製品は光出力360~480mW(最大駆動電流3200mA)となっているほか,来年2月リリース予定の製品はピーク波長365nm~405nmで光出力50Wとなっており,こちらは表面検査などを想定している。

もう一つの優れた点として優れた熱抵抗設計があり,高出力でありながら高信頼性・長寿命を実現している。さらに,半導体の供給が不安定な現状においてもLuminusのLEDは安定的に供給されているのも強みの一つとだとしている。

展示ではUV-LEDのほかにも可視光~赤外域のLEDも展示しており,こちらもパワーと信頼性を両立しているとする。こうした製品として赤外波長940nmの高出力LEDも紹介している。

その他関連ニュース

  • 日亜ら,ADB用マイクロLEDソリューションを開発 2023年01月25日
  • 水研機構,LED灯でいか釣漁業の収益性改善を確認 2022年12月26日
  • 都立大ら,深紫外光を透過する新電極材料を開発 2022年12月14日
  • 日立造船,深紫外LEDの各種ウイルスへの効果を確認 2022年12月07日
  • 【光フェア】カンタム,防止型LED除菌装置を展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】東ソー,GaNなど各種ターゲット材を紹介 2022年11月11日
  • 【光フェア】アプトス,害鳥忌避レーザーを展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】シャープ福山,AR用レーザー展示 2022年11月11日