三菱ら,丸の内でLIDARによる風況の可視化実験

三菱電機と三菱地所は,常盤橋タワー(東京都千代田区)および隣接のTOKYO TORCH Parkにドップラーライダーを設置し,丸の内エリア(大手町,丸の内,有楽町,常盤橋)の風況(風速・風向)を計測・可視化する実証実験を8月1日に開始した(ニュースリリース)。

現在,歩行者をはじめ,建設作業やビル外窓清掃などの高所作業従事者の安全確保や,街中でのイベント参加者の快適性確保のほか,ドローンや空飛ぶクルマなどの新技術の導入加速に向け,風況データの効果的な活用が注目されている。

特に,高層ビルが立ち並ぶ都市部では,近年の気候変動の影響もあり,風の影響が予想しにくくなっている。高さ日本一の超高層ビルとして2027年度に竣工予定のTorch Tower等の開発が進む常盤橋エリアや,東京の文化的・経済的な中心である大丸有エリアでも,風が安全性や快適性に大きく影響している。

今回の実証実験では,常盤橋タワー屋上に半径1.5kmの風況を計測できるスキャニング型ドップラーライダーを設置し,常盤橋・大丸有エリアを含む広範囲の風況を計測する。同時に,TOKYO TORCH Parkに鉛直型ドップラーライダーと超音波風速計を設置し,常盤橋エリアを中心に上空の風況を高精度に計測する。

具体的には,地上風(高さ2m付近)と上空風(5~250m)の風況データ(水平・上下方向の風速,風向)を計測・可視化し,分析・活用する。

計測で得られた結果に基づき,課題解決に繋がるデータソリューションを開発することで,このエリアのエリアマネジメントの高度化や,安全・安心で快適なまちづくりの実現に貢献するとしている。

なお,三菱電機は,この実証実験等をもとに開発したソリューションサービスについて,2023年度以降の提供を目指す。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,マイコン・温度センサ不要のLiDAR用APD開発 2022年10月18日
  • 京大ら,気温ラマンライダー用多波長分光器を開発 2022年08月09日
  • 2045年,自動運転向けLiDAR市場は3兆5375億円 2022年08月09日
  • アナログ・デバイセズ,高分解iToFモジュール発表 2022年06月28日
  • NEC通信,3次元物体検知ソフトウェアを開発 2022年04月25日
  • NECら,LiDARによる滑走路異物検知を実証実験 2022年04月12日
  • 東芝,手のひらサイズLiDARで300m測距に成功 2022年03月18日
  • 岡山大,古墳の形状と大きさをLiDAR計測で決定 2022年03月17日