早大ら,竜脚類恐竜の食性をレーザー顕微鏡で解明

早稲田大学,久慈琥珀博物館,東京大学らは,岩手県久慈市の久慈層群玉川層(中生代白亜紀:約9000万年前)から発見された巨大恐竜(竜脚類)の歯の表面に保存された微小磨耗痕(マイクロウェア)を詳細に分析し,その形状を現在のトカゲ類と比較し,竜脚類が植物を食べていたことを明らかにした(ニュースリリース)。

久慈琥珀博物館の琥珀採掘体験場および隣接する化石凝集層(ボーンベッド)からは竜脚類やティラノサウルス類などの恐竜の歯化石,カメ類やワニ類の骨格など30種類前後の脊椎動物化石が2022年3月現在で2600点以上も発見されており,日本の恐竜時代(中生代白亜紀)の生物相を解明するための重要な地域となっている。

これまで,この地域からは,多数の竜脚類恐竜の歯の化石が発見されている。竜脚類は史上最大の陸上生物を含む恐竜の分類群であり,植物食と推定されてきた。しかし,現在竜脚類恐竜に似た形態をした動物はおらず,植物食とする確かな証拠はなかった。

歯には食物によって顕微鏡レベルの微小な磨耗痕(デンタル・マイクロウェア)ができる。今回,保存の良い久慈産の竜脚類の8本の歯化石に残されたデンタル・マイクロウェアの形状をレーザー顕微鏡によって立体的(3D)に測定し,表面形状をデジタルデータ化し,現在の動物からの同様のデータと比較することで,竜脚類が食べていたものの物性(硬さ)を明らかにする事ができた。

具体的には竜脚類の食べものは,貝の殻より柔らかく,卵の殻や肉よりも硬いということが分かり,食物は植物であるという推定が妥当だと示された。恐竜が食べていたものの物性が客観的な証拠により示されたのは世界で初めてだという。

今回分析した竜脚類化石が産出した玉川層では花粉化石の分析から当時の植物相が復元されており,被子植物は少なく,シダ植物や裸子植物が多かった事がわかっている。研究グループはこれらのことから,久慈の竜脚類は周囲に繁茂するシダ植物や裸子植物を食べていたと考えられるとしている。

その他関連ニュース

  • 理研ら,SRXμCTで4億年前の脊椎動物の化石を観察 2022年05月26日
  • 岡山大,古墳の形状と大きさをLiDAR計測で決定 2022年03月17日
  • 分子研ら,レーザー顕微鏡で分子モーターを1分子観察 2020年01月27日
  • 理研ら,筋収縮の原理を高解像度で可視化 2019年11月28日
  • 分子研ら,分子モーター機構をレーザーで解明 2019年10月28日
  • 藤田医大ら,三葉虫の複眼の謎を解明 2019年08月19日
  • 理研,レーザー蛍光顕微鏡で痒みに新たな知見 2019年06月20日
  • オリンパス,3D測定レーザー顕微鏡を発売 2017年10月18日