NIMSら,有機トラジスタを流れる電子を可視化


物質材料研究機構(NIMS),筑波大学,高エネルギー加速器研究機構は,室温で桁違いに大きなドレイン電流の増減現象(負性抵抗)を示す有機pn接合トランジスタの負性抵抗の起源について,光電子顕微鏡による“伝導電子を可視化”する技術により明らかにした(ニュースリリース)。

トランジスタがオン状態では,面内pn接合界面で形成される急峻な電位変化により,電子伝導が助長されること,またオフ状態ではp型あるいはn型半導体全体が空乏化し,電子の流れを阻害することで負性抵抗が発現することを明らかにしたとしている。

その他関連ニュース

  • 埼玉大ら,オジギソウの虫害防御高速運動を可視化 2022年11月15日
  • 早大ら,放射化イメージングで薬物動態の可視化へ 2022年11月10日
  • 筑波大,中赤外線により30fsで原子や電子を観察 2022年09月07日
  • 東北大ら,テンダーX線タイコグラフィで硫黄観察 2022年09月06日
  • 東北大ら,永久磁石内部の振舞いを3次元で可視化 2022年08月23日
  • KEKら,有機トランジスタ内の電子の動きを可視化 2022年06月22日
  • 産総研,静電気分布を発光させる物質を発見 2022年06月03日
  • 東北大ら,放射光で枝豆の内部構造を見える化 2022年04月28日