ウシオら,手術部位への222nmの安全性を評価

ウシオ電機と神戸大学は,整形外科分野における術中の感染症低減に222nm紫外線を使用できるかを検討するために,ウサギを用いて,術野に露出しうる5種類の組織に222nmまたは254nmの紫外線を照射しDNA損傷の免疫組織学的評価を実施した(ニュースリリース)。

その結果,紫外線照射1時間後に採取された組織において254nm照射群ではCPD(紫外線によって誘発されるDNA損傷のマーカー)が各組織で多数見られたが,222nm照射群では脂肪組織のみで非照射群に対し増加していたものの,その他の組織では非照射群との有意差が見られなかったという。

脂肪組織では紫外線照射24時間後のCPD陽性率も比較したが,他の2つの群と比較して254nm照射群では陽性率が有意に高く,222nm照射群と非照射群の間に有意差はなかった。この結果は,222nmUVC照射が手術部位感染を防ぐための安全で新しい方法である可能性を示唆しているとする。

紫外線(UV-C)は殺菌性が高い一方,皮膚をはじめとした細胞に悪影響を及ぼすことが判明している。しかし波長222nmの紫外線は,皮膚に照射しても角質層にしか到達しないため,安全であると考えられている。

今回の評価は,角質層のない皮膚下の組織に,従来紫外線殺菌に広く使用されてきた254nm紫外線と,222nm紫外線の照射を行なうことで,術野殺菌において222nm紫外線を安全に活用できるのか検討したもの。同社は引き続き医療用途分野への適応について検討を続けるとしている。

その他関連ニュース

  • 横市大ら,抗体と近赤外光で病原体を選択的に駆除 2022年07月05日
  • 日機装ら,鉄道向けLED除菌ユニットの開発を開始 2022年05月26日
  • ウシオ,広範囲向け抗ウイルス・除菌用光源を発売 2022年05月26日
  • 三井化学らの空中ディスプレー,町役場に導入 2022年05月25日
  • 産総研ら,超高速・高感度ウイルス検出法を開発 2022年05月19日
  • 名大ら,コロナを不活化するエアカーテンを開発 2022年05月18日
  • 東芝ライテック,LED空間除菌・脱臭装置を発売 2022年05月17日
  • 東大ら,高出力深紫外LED開発しコロナ高速不活化 2022年03月18日