ウシオ,コロナに関する技術実証に参加

ウシオ電機は,国および大阪府が実施する「ワクチン・検査パッケージに関する技術実証」に参加した(ニュースリリース)。

この技術実証は,政府の「ワクチン・検査パッケージに関する技術実証」の一環として,大阪府大阪市の繁華街・ミナミにて,2021年10月25日~29日の5日間実施した。

「コロナからミナミを復興する商人(あきんど)の会」に参加する12店舗(すべて感染防止認証ゴールドステッカー認証店)のうち,6店舗を対象とし,同社の抗ウイルス・除菌用紫外線照射装置「Care222 iシリーズ」を各店舗の客席に設置し,ウイルス対策を実施した。

この製品は,波長222nmをピークに持つエキシマランプに特殊な光学フィルタを組み合わせることで,ヒトに悪影響を及ぼす230nm以上の波長をカットした,抗ウイルス・除菌技術。現在,この技術を搭載した製品である「Care222ユニット」は,国内医療機関等を中心に数千台出荷されており,今後公共施設や教育機関などへの展開も予定しているという。

なお,同社はこの「Care222ユニット」について,11月17日(水)~19日(金),東京都立産業貿易センター浜松町館で行なわれる「光とレーザーの科学技術フェア 2021」に装置メーカー向け光源モジュールの最新モデルを展示するとともに,セミナーにおいて最新情報の講演を行なう。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,222nmが植物に重障害を与えると発見 2021年11月29日
  • 名市大ら,可視光レーザーで殺菌・不活化に成功 2021年11月24日
  • 紫光技研,プラズマ方式深紫外線光源の効率を向上 2021年11月16日
  • OKI,非接触で操作可能なATM用パネルを発売 2021年11月15日
  • パナ,非接触スイッチを発売 2021年11月12日
  • ams OSRAMら,UV-C LEDの感染抑止能力を確認 2021年11月11日
  • 北大ら,電気的検出が可能なSPRセンサーを開発 2021年11月11日
  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日