ギガフォトン,エキシマレーザー光源を増産

ギガフォトンは,2023年までにエキシマレーザー光源の生産キャパシティを従来の2倍に増強すると発表した(ニュースリリース)。

昨今,世界での半導体需要は大幅に増加し,各国の主要半導体メーカーでは半導体製造装置への投資が加速している。

半導体リソグラフィ用光源メーカーである同社においても,市場からの要求が増加しており,今後も底堅い需要が継続的に見込まれているという。

同社はこの需要増に対する安定供給に向けて,生産設備の拡充を行なっている。現在,既存の生産設備の最大活用化と生産工程の効率化・最適化を図るとともに,2022年4月完成に向けて新社屋を建設している。また,今後のさらなる生産拡大についても計画中であり,2023年までに生産キャパシティを従来の2倍に引き上げるとしている。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,東京営業所を移転 2021年10月20日
  • 住友化学,最先端プロセス向けフォトレジスト増産 2021年09月07日
  • 浜ホト子会社,増産に向け電子管光源製造棟を建設 2021年07月27日
  • 古河電工,DFBレーザーの生産能力を2倍超に 2021年06月23日
  • 浜ホト,電子管製品増産に向け新棟を建設 2021年05月25日
  • ウシオ,投影露光装置の生産能力を再増強 2021年05月11日
  • ソニーセミコン,新規CMOSセンサーラインを稼働 2021年04月21日
  • 浜ホト,売上拡大に対応する新棟建設 2021年04月21日