日亜,人にやさしい照明を共同開発

日亜化学工業は,オーストリアZumtobelと,人にやさしい照明,ヒューマンセントリックライティングの分野での最先端の研究成果を盛り込んだLED照明の提供を目的として,「ZUMTOBEL Spectrum」を共同で開発したことを発表した(ニュースリリース)。

共同開発した「ZUMTOBEL Spectrum」は,日亜化学工業のLED製品「Optisolis」と「Vitasolis」に採用されている独自スペクトル技術に基づいて開発された照明ソリューション。自然界における日中の光環境を屋内に再現しそこで生活する人の生産性と快適性を高いレベルで両立することを目指したものであり,従来の高演色LED照明とは一線を画するものだという。

この照明ソリューションはすでにZumtobelのLED灯具「LIGHT FIELDS III」と「ONDARIA」に搭載されているが,Zumtobelは,ユーザーに新しい提案をする上で,ヒューマンセントリックライティングが重要な要素になっていると考えており,今後,さらに多くのモデルに搭載していく予定だという。

日亜化学工業は,ヒューマンセントリックライティング分野での市場要求は今後ますます高まっていくと考え,これらの市場に必要とされる技術開発を積極的に進め,LEDの光の質を向上させると共に,より人に寄り添ったLED照明を推進していくとしている。

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,2次元コードでLEDの個別データを提供 2024年04月01日
  • 阪大,明所でも鮮明なプロジェクションマッピング 2024年03月18日
  • パナ,マイクロLEDを活用の次世代照明器具技術開発 2024年03月08日
  • カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈 2024年02月08日
  • ams OSRAM,自動車向け低消費電力側面発光LED 2024年01月26日
  • 2040年LED照明応用製品の国内市場,3261億円に 2023年12月13日
  • ams OSRAM,超高輝度LEDにRGBバージョンを追加 2023年12月11日
  • ams OSRAM,明るさを向上した自動車前照灯LED 2023年11月24日