日亜,人にやさしい照明を共同開発

日亜化学工業は,オーストリアZumtobelと,人にやさしい照明,ヒューマンセントリックライティングの分野での最先端の研究成果を盛り込んだLED照明の提供を目的として,「ZUMTOBEL Spectrum」を共同で開発したことを発表した(ニュースリリース)。

共同開発した「ZUMTOBEL Spectrum」は,日亜化学工業のLED製品「Optisolis」と「Vitasolis」に採用されている独自スペクトル技術に基づいて開発された照明ソリューション。自然界における日中の光環境を屋内に再現しそこで生活する人の生産性と快適性を高いレベルで両立することを目指したものであり,従来の高演色LED照明とは一線を画するものだという。

この照明ソリューションはすでにZumtobelのLED灯具「LIGHT FIELDS III」と「ONDARIA」に搭載されているが,Zumtobelは,ユーザーに新しい提案をする上で,ヒューマンセントリックライティングが重要な要素になっていると考えており,今後,さらに多くのモデルに搭載していく予定だという。

日亜化学工業は,ヒューマンセントリックライティング分野での市場要求は今後ますます高まっていくと考え,これらの市場に必要とされる技術開発を積極的に進め,LEDの光の質を向上させると共に,より人に寄り添ったLED照明を推進していくとしている。

その他関連ニュース

  • パナ,人に「回遊」や「滞留」を促す照明法を提案 2021年10月21日
  • トライテラス,内視鏡用青色照明を⼤学病院へ導⼊ 2021年10月14日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 摂南大ら,街の照明が昆虫の冬眠を妨げると証明 2021年07月16日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • DNPら,高速道路で車線変更を指示する照明を開発 2021年07月05日
  • パナ,天窓を再現する空間演出システムを開発 2021年05月31日