シャープ,ウェアラブル超小型近接センサを量産

シャープ福山セミコンダクターは,I2C通信対応で業界最小クラスのウェアラブル機器向け近接センサ「GP2AP130S00F」を開発,5月から量産を開始した(ニュースリリース)。サンプル価格は100円。

成長が期待されるウェアラブル機器市場は,スマートフォン向けなどに採用されているTWSイヤホンをはじめ,今後,普及が期待されるVRゴーグルやスマートグラス,さらには生体情報のモニタリング機能を搭載した機器などを含む。

これらの機器では,物理スイッチを搭載せず,機器の着脱を自動的に検知して音楽再生の一時停止などの制御を可能にする近接センサの採用が進んでいる中,ウェアラブル機器のデザインにより高い自由度を持たせるべく,近接センサの小型化へのニーズが高まっている。

このセンサは,同社が長年のオプトデバイス開発を通じて培ったパッケージ技術や光信号処理技術により,業界最小クラスの本体サイズを実現した(外形寸法:1.75×1.0×0.35 mm)。

また,平均消費電流Typ.40μA5の低消費電流設計により,バッテリーの長時間駆動を実現するとともに,独自の外乱光ノイズキャンセル回路を採用し,太陽光の下など,赤外波長成分が多い屋外環境においても誤作動を抑制するという。

その他関連ニュース

  • 芝工大,安価なウェアラブル体温発電素子を開発 2021年07月20日
  • TISS,産業向けリストバンド型センサー発売 2021年06月03日
  • 石原産業,低温焼結銅ナノ粒子の量産化に目途 2021年05月31日
  • NIMSら,1Vで動作する高性能TFTを塗布で作製 2021年05月28日
  • 産総研ら,電極用導電性シリコーンゴムを開発 2021年05月18日
  • 阪大ら,発電・蓄電するシート型生体センサー開発 2021年04月26日
  • 東大,皮膚貼り付け光脈波センサーを開発 2021年04月20日
  • 日本触媒,iOLEDフィルム光源を織物に応用 2021年04月19日