トプコン,伊眼科医療機器メーカーの全株式を取得

トプコンは,眼科用医療機器の設計開発・製造を行なう伊VISIA Imaging S.r.lの株式を100%取得したと発表した(ニュースリリース)。

VISIAは1993年に設立され,前眼部(角膜,水晶体など)検査機器とそのソフトウェアを開発・製造する。今回の買収によりトプコンの強みである眼底カメラやOCT(3次元眼底像撮影装置)などの眼底イメージング機器の開発・製造・販売力に,前眼部検査機器とそのソフトウェア開発・製造力が加わる。これにより,眼科診断機器メーカーとしての総合力の強化を目指す。

トプコンは,これまで長年にわたりVISIAの視力表,角膜形状測定装置,眼軸長・角膜形状測定装置,光学式眼軸長測定装置などの製品をトプコンブランドにて主に欧米市場で販売してきた。

今回の買収により,同社の製品ポートフォリオの拡充やブランディング強化といったシナジー創出に加え,アイケア事業のグローバルな開発・製造体制の強化により,市場ニーズを的確に捉えた新製品の開発や供給の加速化を図っていくとする。

また,近視の進行に伴う眼疾患の増加が,近年大きな問題となっており,VISIAが持つ検査機器および技術を活用した近視マネジメントソリューションの提供と共に,近視治療分野では他の企業とのコラボレーションも強化していくとしている。

その他関連ニュース

  • JSR,メタル系EUVフォトレジスト企業を買収 2021年09月22日
  • Ansys,Zemaxの買収契約を締結 2021年09月10日
  • キヤノン,X線用CZT検出器のカナダ企業を買収 2021年09月10日
  • ニコン,米金属3Dプリンティング企業を買収 2021年04月06日
  • パナ,北米照明デバイス事業会社を売却 2021年03月19日
  • 日本電産,三菱重工工作機械と関連事業を買収 2021年03月17日
  • 凸版,イメージセンサーベンチャーを買収 2021年03月16日
  • 三菱重工機械の3Dプリンター,日本機械学会賞受賞 2021年03月16日