ナノフォトン,M&AによりBrukerにグループ参画

ナノフォトンは,2024年2月5日に,分析機器のグローバル企業である米Bruker CorporationによるM&Aに応じたと発表した(ニュースリリース)。

ナノフォトンは,2003年に大学発の最先端ハイテク製造業として創業し,これまで自主独立の経営でもって最先端のレーザーラマン顕微鏡などを開発,製造・販売してきた。

今後はBrukerの一部門として,創業以来の目標であったグローバル・マーケットに進出していくとしている。

本社はこれまでどおり,大阪・箕面市に置き,ナノフォトンのロゴと製品ブランドは今後も維持し,役員・従業員もこれまでどおりでの経営となる。

引き続き世界唯一のレーザービーム走査によるラマン顕微鏡のシリーズを開発・製造・販売し,また世界で唯一の顕微鏡コンポーネントのシリーズの開発・製造・販売も続けていくという。

その他関連ニュース

  • 澁谷工業,半導体製造装置メーカーをグループ会社に 2023年08月17日
  • オリンパス,内視鏡診断AI企業の買収を完了 2023年06月06日
  • 島根大ら,新規ラマン顕微鏡で原子の振動方向を特定 2023年05月29日
  • オキサイド,イスラエル結晶メーカーを買収 2023年01月17日
  • ブイテク,半導体製造装置メーカーを子会社化 2023年01月11日
  • 島津,一台二役の赤外ラマン顕微鏡を発売 2022年11月17日
  • 三井化学,メガネレンズ加工機器メーカーを傘下に 2022年11月14日
  • 昭和電工と昭和電工マテリアルズ,統合して新会社へ 2022年10月04日