FLIR,ドローン向け赤外線カメラを発売

米フリアーシステムズは,ドローン向け赤外線カメラ「FLIR Vue TZ20」の販売を開始した(製品ページ)。

この製品は,中国DJIのドローン「Matrice200」および「Matrice300」シリーズの機体に合わせて特別に開発された初めてのジンバル付き高解像度デュアル・サーマルカメラ。狭角と広角それぞれに解像度640×512の「FLIR Bosonサーマルカメラ・モジュール」を採用したことで,20倍のデジタルズーム機能と合わせて一層高い状況認識力を提供し,公共の安全や産業分野における検査を遠近両面で完全に行なえるという。

具体的には,警察署や消防署による捜索と救命といった公共の安全から,産業上の重要なインフラの検査まで,ドローンの操縦者はその任務の遂行にあたり,さらに優れた認知性が得られるようになるとしている。

保護等級IP44とすることで悪天候でも利用でき,全重量わずか640g。視野角95度の広角Bosonカメラと視野角19度の狭角Bosonカメラを備えており,操縦者はターゲットを簡単かつ高解像度に捉えることができる。

米フリアーシステムズは「DJI Payload Software Development Kit(PSDK)」及び「DJI Skyport 2.0プラットフォーム」をもとにこの製品を開発し,「DJI Pilot Software」を通じた簡単でプラグ&プレイな運用を可能にした。また,20倍ズームによる動画ストリーミングや録画,静止画の撮影などの搭載機能により,オペレータは安全な距離を保ったまま任務を実行できるとともに,必要な温度データを細部にわたって取得できるとしている。

その他関連ニュース

  • 日本アビオ,スクリーニング用赤外線カメラ発売 2021年06月15日
  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • 阪大ら,ドローンと光通信技術で煙突内壁を透視 2021年06月01日
  • NII,誤差のあるセンサーでもソフト変換で安全に 2021年05月27日
  • オフィールジャパン,ドローン用ズームレンズ発売 2021年05月06日
  • NEDOプロ,外壁調査用ドローンの安全化技術を開発 2021年04月16日
  • ティー・イー・エム,InGaAsカメラを発売 2021年03月23日
  • サーマルカメラによる検温市場,2020年は275億円 2021年03月16日