【光フェア】フローベル,画像鮮明化SWIRカメラ展示

光技術総合展示会「光とレーザーの科学技術フェア2023」(11月7日~9日 パシフィコ横浜)において,フローベル(赤外線フェア R-16)は,画像鮮明化機能付きSWIRカメラとオートフォーカスユニットの展示およびデモを行なっている。

同社のSWIRカメラは400nm~1700nmに感度を持つ134万画素InGaAsカメラ。画像鮮明化機能を搭載しており,カメラ側でコントラストの改善やノイズ除去などを行なえるため,後段での画像処理が不要となる。またペルチェ素子での冷却により,微弱光の検出や淡い傷の識別も可能だという。

後付けのオートフォーカスユニットは同社のカメラ以外にも様々な機種に対応する。Camera Link出力と画像コントラスト方式により高精度でのフォーカスを高速で繰り返すことができるため,半導体の検査などに多く引き合いがあるという。

オプションのモーター内蔵式カプラーは様々な顕微鏡に取り付け可能。同じくオプションのコントロールBOXによりスムーズな操作が可能となり,様々な検査用途はもちろん,装置組み込み用としても適しているとしている。

その他関連ニュース

  • エドモンド,テレセントリックレンズキットを発売 2024年02月22日
  • エドモンド,小型軽量SWIR固定焦点レンズを発売 2024年02月22日
  • IDS,コンパクトなオートフォーカスカメラを開発 2024年02月05日
  • エドモンド,防水保護のIP67等級5GigEカメラを発売 2023年12月20日
  • SSS,532万画素SWIRイメージセンサー発売
    SSS,532万画素SWIRイメージセンサー発売 2023年11月29日
  • Basler,短波赤外カメラに画素欠陥修正機能を追加 2023年11月24日
  • 農研機構,トラクタの作業機自動交換をカメラで実現 2023年11月15日
  • 【光フェア】メンロー,ファイバーレーザーを紹介 2023年11月09日