アイリスら,サーモカメラコンソーシアムを設立

アイリスオーヤマは,AI画像認識ソリューションの開発および提供を行なう,ソフトバンク子会社の日本コンピュータビジョン(JCV),AI体温検知システムを手掛けるダイワ通信と共に,コロナ禍で使用拡大するサーモカメラの適切な使用の普及を目指して,2021年4月23日,三社共同で「サーモカメラコンソーシアム」を設立した(ニュースリリース)。

新型コロナウイルスの全世界的な感染者拡大により,人が出入りするあらゆる場所における感染症対策の一つとして,サーモカメラによる検温が急速に普及している。サーモカメラによる正しい検温のためには,適切な取り扱いが必要となるが,設置場所や着用物による影響など,様々な要因により,正しい検温結果が得られないなどの課題があった。

今回設立する「サーモカメラコンソーシアム」は,使用者に対して適切な使用ガイドラインや性能基準を策定し普及させることで正しい使用を促し,機器の信頼性向上を目指すことを目的とするもの。

アイリスオーヤマは,顔認証型,ドーム型,ハンディ型などのAIサーモカメラをラインナップしている。今後,グループの総合力を活かし,AIサーモカメラのソリューションを提案すると共に,こうした取り組みを推進することで業界全体の信頼性向上を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 電通大,安価で粗悪なCO2センサの識別法を提案 2021年08月17日
  • スタンレーら,コロナ不活化論文が学術誌に掲載 2021年07月26日