岡本硝子,U-MAPのAlN複合セラミック材を量産へ

岡本硝子は,名古屋大ベンチャーのU-MAPと,U-MAPが開発した独自素材「Thermalnite」(繊維状窒化アルミニウム単結晶)を添加した窒化アルミニウム複合材料について,岡本硝子の持つセラミック・シートの生産技術を用いた量産体制の構築に向けて連携を開始した(ニュースリリース)。

岡本硝子は,ガラスフリット製品を拡充する中で半導体業界・電子部品業界に向けにセラミック・シートの受託加工事業等も行なっている。受託加工事業では,1~1,000個程度の小ロットでの受託を行なっている。

U-MAPは,名古屋大学の研究成果である繊維状窒化アルミニウム単結晶である「Thermalnite」の社会実装による熱問題の解決を目指す革新的材料ベンチャー。電子機器のパフォーマンスや機器寿命の低下を招く熱問題の解決に向け,電子機器の放熱性を向上する新機能性材料を開発している。

中でも,高強度AlN複合セラミック材料は,高い熱伝導率に加えて,高い機械特性の両立を実現し,EVや鉄道などに用いるパワーモジュール分野や光通信分野への展開を見据えて,開発を進めているという。

すでに,U-MAPではThermalnite及びThermalniteをセラミックや樹脂・ゴムに添加したマスターバッチのサンプル販売を開始し,延べ70社以上の企業に販売している。今回,Thermalniteを用いたセラミック・シートの量産化検討のため,両社は連携を開始した。

なお,この連携は,経済産業省関東経済産業局の「中堅・中小企業とスタートアップの連携による価値創造チャレンジ事業」への参画を契機とし,東京東信用金庫の協力によりスタートしたもの。

その他関連ニュース

  • 東工大ら,発光現象を示すサブナノ粒子を発見 2020年11月17日
  • 東大ら,光で窒化シリコン薄膜の熱伝導率を倍増 2020年10月01日
  • 横国大ら,高密度蛍光体セラミックスを常温作成 2019年10月11日
  • 九州大ら,粒子の強誘電性を原子のずれで解明
    九州大ら,粒子の強誘電性を原子のずれで解明 2019年09月05日
  • オハラの極低膨張ガラス,国内最大望遠鏡に採⽤ 2019年02月26日
  • 三菱マテ,車載LED向け高放熱性基板を開発 2019年01月09日
  • 三菱マテ,ヒートシンク付きLEDヘッドライトモジュールを開発
    三菱マテ,ヒートシンク付きLEDヘッドライトモジュールを開発 2017年11月16日
  • 名大ら,最大の収縮量を有する負熱膨張材料を発見 2017年01月13日