日亜化学,除菌機能を持つ白色LEDを発売

日亜化学工業は,照明機能と除菌機能を合わせもつ白色LED「NF2W585AR-P8」の製品化に成功した(ニュースリリース)。

昨今,世界中でCOVID-19によるパンデミックが深刻な問題となっている。そのような中,合併症の観点からもウイルスだけでなく,普段の生活環境に存在する細菌にも細心の注意が必要であり,その代表例が,感染症の原因となる緑膿菌や黄色ブドウ球菌,また,食中毒の原因となるO-157などの大腸菌だという。

これまで殺菌を目的に紫外線(約200-380nm)が利用されてきたことはよく知られているが,近年,可視光線(約380-420nm)にも除菌効果があることがわかってきたという。この製品は,405nm周辺に発光素子のピーク波長をもつ白色LEDで,同社が長年培ってきたLEDと蛍光体の技術を組み合わせ,ひとつのパッケージにすることで,ものを照らすことと除菌することの両立を実現している。

この製品を9個用いたライトバーを用いた細菌の不活化試験では,細菌に光を照射し,約24時間後の生菌数を計数した結果,照射5時間で約98.9%を不活化したという。同社では,この製品が食品棚,食品工場や調理場,病院や公共設備など衛生環境維持を目的に幅広く利用されることが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • NEC,非接触のアプリケーション操作を実現 2021年06月09日
  • 阪大,微細加工で超小型波長変換デバイスを実現 2021年06月07日
  • 東大,光触媒で空気中コロナの不活化を実証 2021年05月21日
  • 富山大,プラズモンによる殺菌方法を提案・検証 2021年05月20日
  • ナイトライド,マイクロUV-LEDの微細化に成功 2021年05月11日
  • パナの星空に優しい照明,岡山県県道に設置 2021年05月10日
  • 紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に
    紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に 2021年05月10日
  • ITA,サーモグラフィスクリーニングガイドを作成 2021年05月07日