パナ,太陽電池生産から撤退

パナソニックは,マレーシア工場および島根工場における太陽電池の生産終息を決定したと発表した(ニュースリリース)。

同社は2021年度中に太陽電池の生産から撤退し,事業構造改革を完了させる。尚,国内外における太陽電池の販売は継続するという。

マレーシア工場については,2021年度中に,太陽電池ウエハー,セル,モジュールの生産を終息する。建物,土地などの資産については譲渡を検討するとともに,マレーシア工場の現地法人であるパナソニック ソーラー エナジー マレーシアを清算する。従業員については,割増退職金支払や再就職支援などの対応を行なうという。

島根工場についても,2021年度中に,太陽電池セルの生産を終息するが,パワーコンディショナ,蓄電池などの生産は継続する。太陽電池の生産に関わる従業員については,同工場内を基本として,今後成長が期待されている領域への異動により,雇用を維持する。

また,生産撤退に伴い,二色の浜工場における太陽電池の研究開発機能を縮小し,人的リソースについては,成長領域へシフトする。尚,今後も,国内では太陽電池の生産委託などによるパナソニックブランドでの販売を継続し,海外では,北米などで実施している太陽電池の外部調達による販売を継続するとしている。

その他関連ニュース

  • ソーラーフロンティア,CIS太陽電池の製造終了 2021年10月12日
  • 東芝,大面積ペロブスカイト太陽電池で15.1% 2021年09月10日
  • ENEOSら,透明太陽光発電パネルを窓とする実験 2021年09月06日
  • フジクラら,IoT機器向け太陽電池電源を開発 2021年08月27日
  • リコーと九大,IoT向け有機薄膜太陽電池を開発 2021年08月18日
  • 京大,太陽電池一体型熱光発電デバイスを開発 2021年08月16日
  • 関学ら,光合成を模した有機PVの動作機構を解明 2021年08月16日
  • GSアライアンス,印刷方式量子ドット太陽電池開発 2021年07月20日