大同特殊鋼,赤色点光源LEDのSMDを発売

大同特殊鋼は,世界最高レベルの光出力5.7mW(20mA電流注入時)を有した赤色点光源LEDの表面実装部品(SMD)「MED7P14-SMF-1」の販売を開始した(ニュースリリース)。

この製品のサイズは幅1.6mm,奥行0.8mm,高さ0.7mm。同社の赤色点光源LED素子「MED7P14」(波長650nm)を透明樹脂で封止したもので,光電センサー,光学式エンコーダの高精度,高分解能を保ちつつ,実装の生産性向上,および各種モジュールの小型・薄型化,高密度実装化,省エネの実現に寄与するとしている。

同社の点光源LED素子は,照明用などの一般的なLEDと異なり,発光部が点状であるため,レンズを通したビームの広がりが狭い特長がある。照明,表示用途で用いられる一般的な素子は,チップの全面から光が放射されるのに対し,点光源素子は微小な発光窓からのみ光が放射されるという。

この特長は,光電センサーや光学式エンコーダなどのセンサー光源に適しており,産業機器の高精度化,高分解能化,長寿命化に寄与する。

従来ユーザーには,点光源LED素子またはCANパッケージで提供していたが,現在利用されている電子部品の多くは表面実装部品(SMD)となっており,実装の生産性向上,および各種モジュールの小型・薄型化,高密度実装化要求から,点光源LED素子においても表面実装部品化が求められていたという。

同社は,ユーザーがより採用しやすい形態でも提供することで,今後の需要拡大が見込まれる工場自動化,ロボット,3Dセンシング等への用途拡大を目指していくとしている。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日
  • G-Smattら,可視光LEDによるコロナ不活化を確認 2021年06月23日
  • ナイトライド,マイクロUV-LEDの微細化に成功 2021年05月11日
  • パナの星空に優しい照明,岡山県県道に設置 2021年05月10日