岩手大,無溶媒・攪拌で固体から光学活性材料合成

岩手大学の研究グループは,有機溶媒(有機溶剤)を用いない無溶媒触媒反応条件で過活動膀胱治療薬の重要中間体の合成に成功した(ニュースリリース)。

医薬品の合成には有機溶媒を使用するが,人体への有害性のため有機溶剤中毒予防規則で規制されている。また,環境汚染,可燃性による危険性,コストの増大といった問題もあるため,工業的合成ではいかに有機溶媒の使用量を低減させるかが重要となる。

しかし医薬品合成では高い選択性や反応性を達成するために,原料や触媒を有機溶媒に溶解させることが必須となっている。

今回研究グループは,コンピューター化学で設計した不斉金属錯体触媒を用いることで,有機溶媒無しに固体原料と触媒を従来式攪拌により混合させるだけで高収率・高選択的な光学活性医薬品中間体の合成に成功した。この成果により,環境負荷の低い医薬品工業的合成法の実現が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,複雑な材料の物性を予測するAIを開発 2021年10月20日
  • 北大,ナノ構造に発現するキラルな光学現象を解明 2021年10月05日
  • 量研機構,高分子材料開発での反応率をAIで予測 2021年09月30日
  • NEDOら,液晶がナノ構造化する際の新現象を発見 2021年09月10日
  • 東邦大,高い割合でキラル結晶化を示す薬剤を発見 2021年09月08日
  • 関学ら,MIで配位高分子を探索し光半導体を発見 2021年09月06日
  • ADMATら,AIが生成した構造画像で物性を予測 2021年08月31日
  • 理科大ら,機械学習で準結晶の化学組成を予測 2021年07月21日