広島大,222nmによるコロナ不活化を確認

広島大学は,ウシオ電機の222nmをピークとする200~230nm領域の紫外線ランプ紫外線照射装置「Care222」を用いて,中心波長222nm紫外線による新型コロナウイルス不活化効果を世界に先駆けて明らかにした(ニュースリリース)。

新型コロナウイルス感染症は,飛沫感染,接触感染により伝播すると考えられている。実際に,新型コロナウイルス感染症患者を診療した病室のベッド柵などからも新型コロナウイルスが検出されている。

従来医療機関において,消毒剤を使用して手による清掃を行なってきたが,紫外線などの非接触型ウイルス不活化技術に
注目が集まっている。

近年医療機関において,紫外線などの非接触型殺菌・ウイルス不活化技術が徐々に使用されるようになってきたが,これらの紫外線照射機の多くが波長254nm 紫外線を使用しており,人の目や皮膚への障害性から,人のいない環境で使用されている。

一方で,波長222nm紫外線は,254nm紫外線と同等の殺菌・ウイルス不活化効果を認め,254nm紫外線と比較して目や皮膚への障害性が少ないという報告が増加しているという。しかし,222nm紫外線によるインフルエンザウイルスや他のコロナウイルスへの不活化効果は報告されているが,新型コロナウイルスへの不活化効果は明らかではなかった。

今回研究グループは,紫外線照射装置「Care222」を用いて,中心波長222nm紫外線による新型コロナウイルス不活化効果を世界に先駆けて明らかにした。研究では,プラスチック上の乾燥した環境において,照度0.1mW/cm2の222nm紫外線を10秒間照射で88.5%,30秒間照射で99.7%の新型コロナウイルス不活化を確認した。

一般的に用いられる定量逆転写PCR法は,不活化されて感染力のないウイルスも検出してしまうため,研究では培養法を用いて紫外線によるウイルス不活化効果を評価した。

222nm紫外線の目や皮膚への安全性の報告が増加しているが,研究グループは,今回新型コロナウイルスへの不活化効果が明らかになったことで,有人環境下での222nm紫外線による新型コロナウイルス感染対策への応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 電通大,安価で粗悪なCO2センサの識別法を提案 2021年08月17日
  • スタンレーら,コロナ不活化論文が学術誌に掲載 2021年07月26日